セラミック治療の症例

CASES

【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える

治療概要

  • 患者様:20代女性
  • 治療期間:2年3ヶ月
  • 矯正装置:ワイヤー装置
  • 概算治療費:132万円(矯正治療、セラミック治療)
    ※費用は治療当時の料金となります
  • 担当医:福本健生

治療動機

前歯の凸凹を主訴に来院されました。

治療計画

特に右上の2番目のセラミック治療された前歯が他の歯に比べて小さく歯列にがたつきが生じていたため気になっているとのことでした。
検査した結果、右下の歯が生まれつき少ない状態のため隙間が空いてしまっている状態であり、噛みしめた時に下の歯が上の歯で隠れてしまう過蓋咬合も認めました。
よって矯正治療によって歯を寄せてあげることにより隙間を埋め、セラミックは新しいものに変えることとしました。

治療後について

右上2番目の前歯が内側に入ってしまっている状態でセラミックがかぶせてあったため、隣の歯と比べても短く小さい歯となっていましたが、今回の治療により歯列に収まるよう審美的にも良いセラミックを入れることができました。
また、下の歯と歯の数を合わせるため、右上の小臼歯を一本抜歯しています。

治療前
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療前画像
治療途中
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療途中画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療途中画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療途中画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療途中画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療途中画像
治療後
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像
  • 【20代女性】他院で治療した不自然なセラミックを見た目から整える 治療後画像

セラミック矯正をすることによるデメリット

以前にされていたものはいわゆるセラミック矯正と呼ばれる治療となります。
セラミック矯正は歯をきれいに見せることを目的としているため、元々の生え方が悪いケースだとどうしても自然な歯や噛み合わせの改善をすることは難しい場合があります。
加えて無理な治療をすることで神経を取らなければならなかったり、歯が磨きにくくなってしまうことで虫歯が発生したり、歯の寿命を縮めてしまう恐れがあります。

関連する他の症例

【30代女性】深い虫歯と銀歯をきれいなセラミックに 治療前
【30代女性】深い虫歯と銀歯をきれいなセラミックに
【70代女性】見た目だけじゃない、保険治療と自費治療の違い 治療前
【70代女性】見た目だけじゃない、保険治療と自費治療の違い
【30代男性】全顎セラミック治療 治療前
【30代男性】全顎セラミック治療

セラミック治療の注意事項(リスク・副作用など)

  • 天然歯を削ります
  • 硬い素材は天然歯を傷つけてしまう場合があります
  • かみ合わせや歯ぎしりが強すぎる方はセラミックが割れてしまう可能性があります
  • 自費診療(保険適用外治療)となります

ワイヤー矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 治療中は違和感や痛みが起こることがあります
  • 症状により、抜歯が必要な場合があります
  • 治療中は歯磨きがしにくくなるため、虫歯や歯周病になりやすくなります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 自費診療(保険適用外)となります